復興営繕事業報告とお願い

 高取神社御復興事業の経過と営繕事業趣旨
          (平成三十一年二月現在)
お蔭をもちまして、各位からの多くの御奉賛も頂きながら進んでま
いりました先の大震災以後の御復興事業は、外見上一応の応急の手
当てはすみまして、基礎部分の補修や御殿背後の擁壁の改修など、
外観では目立たない場所の工事が必要な段階になって参りました。
ながく傷みましたままでは、大神様にも申し訳なく、安らかに御鎮
座頂き、皆様が益益の御加護をいただけますように、また、御参拝
の方々をはじめ、多くの方々がお越しになられます場所柄、境域の
安全を図るためにも、山上故の風雨などによる急速な傷みに取り組
む必要も生じてまいりました。

*補修・改修 完了分
・本社の屋根の改修(銅板葺き替え・木組み補強)
・本社・社務所の柱の立て起こし
・社殿内壁の改修、他、応急補修
・玉垣破損箇所の一部補修
・大灯篭・神馬像の復旧
・金高神社御社殿改修・鳥居補修
・荒熊神社拝殿改修(篤志)
・境内入り口石鳥居より上の本社正面参道階段下半分の補修・改修
・手水舎の改修と屋根の塗装
・国旗掲揚棹塗装
・本社前掲示台改修
・かまど神祠・天徳大神祠の新調
・社務所儀式殿の屋根の補修
・社務所儀式殿の内壁の補修
・御本社前春日灯篭建立
・御本社前舗装改修(一部完了

*近日着工予定*
・御本社内外舗装改修(着工済み・継続)
・本殿の基礎腐食部分の改修

*今後分*
・本社社殿の歪みの修正・板壁の補修と改修
・本殿裏の擁壁補修
・境内土塀・玉垣・本社前階段の上半分の改修
・奥の宮への階段・手摺・土塀の補修(一部補修中)
・社務所儀式殿の基礎部分 床の改修
・破損灯篭の復旧(二箇所二対)・破損鳥居の復旧(三箇所)
・通路舗装の改修

資材の搬入も容易ではない山上での工事(震災直後の工事では運搬
用モノレールを約四か月間仮設致しました。仮設費用は約五五〇万
円)のため、経費の積立を含め、事業は今後も長期に亘るものと存
じます。各位皆様には、古来よりの山上での祈りの場、また、人々
の憩いの場をお守りでき、より広く心を安らぎ正す場とできます
に、何卒宜しく御奉賛の程、お願い申し上げます。
 御奉賛には、
授与所受付・社務所でのお預かりの他、
銀行振込(兵庫信用金庫 新長田支店 普通0228296
                  宗教法人高取神社)
 をご利用頂けます。   
        高取神社社務所 ℡078‐611‐5925